用語解説

知れば知るほど
魅力と出会いが増えていく
ことば図書館

ことばは生きものです。時代とともにいろいろな変化をみせてくれます。そのサイクルが早くなっています。
古いことばがいきなりトレンド最前線に登場したり造語で新しい価値をみごとに表現したり。
そんなことばの解説を分かりやすく、また、あえて理屈っぽくもご紹介します。

ベジタリアン

最近、普通に日常会話でもよく耳にするようになった「ベジタリアン」。少し前までは、「ベジタリアン=肉を食べない 菜食主義者」の意味に禁欲的、ストイックなイメージを抱いていた人が多かったのではないでしょうか。それが宗教や思想的主義からではなく、美容・健康に野菜中心の食事が良いという考えと食事法が浸透しはじめると、同時に「ベジタリアン」のストイックなイメージが薄れてきたように感じます。

ただ身近な人で野菜を多く食べるように心がけてという人は増えていますが、「私はベジタリアン」と公言する人はまだ少なく、「草食系、肉食系」という表現などですみ分けして、ソフトランディングしているように感じます。そして今後は「ベジタリアン」は美容・健康志向に、食の安全、貧困や環境問題への気づきと価値を加えながら、さまざまなスタイルで確実に増加するでしょう。

それは言葉の意味、使い方、イメージも変化することを予感させます。

ベジタリアンの定義

「ベジタリアン」とは肉や野菜などの動物性の食べ物を摂取しない、食べないで穀物、野菜、豆類などの植物性食品中心の食生活を送る菜食主義の人たちです。

「ベジタリアン」は英語で「vegetarian」と表記します。「健康な、新鮮な、元気のある」という意味のラテン語の「vegetus」 に由来しています。

1847年、イギリスでベジタリアン協会が発足し、そこで使われたのがはじまりです。

「vegetable=野菜」の意味からではありません。とはいえ「vegetable」は「vegetus=活力ある」と「able=できる」の造語といわれているので間接的には由来関係はあるといえそうです。

そして「ベジタリアン」は宗教信仰や本人の主義によって、食事の摂り方によりさまざまな種類があり、厳密には個人個人で違うともいえます。ここでは「ベジタリアン」を食べ方で12種類に分類し、紹介します。

1 ノン・ミート・イーター(non meat eater)

動物の肉だけを食べない人です。皮、脂、卵、乳製品、魚は食べます。動物の肉は体に悪いと考えています。

2 セミ・ベジタリアン

肉を積極的には食べない人です。ときおりベジタリアンになるということで「フレキシタリアン」ともいいます。

3 ラクト・ベジタリアン

肉、魚、卵は食べず、乳製品や蜂蜜は食べます。ラクトは乳製品を意味しています。インドでは「ピュアベジタリアン」といいます。

4 オポ・ベジタリアン

肉、魚、蜂蜜は食べず、卵は食べる人です。オポは卵を意味します。

5 ラクト・オポ・ベジタリアン

肉、魚は食べず、卵、乳製品は食べます。欧米のベジタリアンに多いタイプです。

6 ベスコ・ベジタリアン(ベスタリアン、ベスキタリアン)

工業製品は摂らないオーガニックで、肉、卵、乳製品は食べない人です。しかし魚は積極的に摂ります。「魚菜食」といわれます。

7 ポゥヨゥ・ベジタリアン

肉は鶏肉だけを摂り、それ以外は制限をしない人です。

8 ホワイト・ベジタリアン

赤身の肉は食べず、白身の肉は食べます。「ポゥヨゥ・ベジタリアン」とほとんど同じともいえます。

9 オリエンタル・ベジタリアン

動物性のものは一切食べない人です。そして五葷(ごくん)という韮、らっきょう、大蒜、葱(玉葱含む)、朝葱の5種類の植物も食べません。仏教の影響が強く、また台湾の精進料理に似た考えの食事です。

10 ヴィーガン

肉、魚、卵、乳製品、蜂蜜などの動物性のものを一切摂取しない完全菜食主義の人です。そして、食だけでなく、動物愛護の考えで衣食住の生活全般においても動物性のものを使用しません。

11 ダイエタリー・ヴィーガン

食は完全菜食主義のヴィーガンですが、食以外では動物性のものを利用しています。たとえば皮の財布などの皮製品などです。

12 フルータリアン

フルーツや木の実(胡桃、ナッツなど)しか食べない人です。

上記以外にもマクロビオティックのマクロビアン、ローフード、アーユルヴェーダ、ハラール、グルテンフリーなど、さまざまな食べ方や考え方があります。

Writer Profile

山口 タカ

大分県佐伯市出身 や組 代表

「オーガニック電話帳」編集・発行人オーガニック、食育の普及をテーマに活動。

人気漫画「美味しんぼ」第101巻“食の安全”をコーディネート。

作中に“有機の水先案内人”として登場。

●オーガニック活動履歴

日本初のオーガニック専門誌「ORgA(オーガ)」(廣済堂出版)を1997年に創刊(〜2000)。

2000年に「オーガニック電話帳」を創刊。現在、改訂第7版。

97年以来、オーガニックの普及をライフワークとして全国の篤農家や食品メーカー、レストランなど日本全国を取材し続け、消費者に向けオーガニック(有機)を広める活動を続けている。

NPO日本オーガニック検査員協会(JOIA)とオーガニックコミュニケーター養成講座テキストを制作。