用語解説

知れば知るほど
魅力と出会いが増えていく
ことば図書館

ことばは生きものです。時代とともにいろいろな変化をみせてくれます。そのサイクルが早くなっています。
古いことばがいきなりトレンド最前線に登場したり造語で新しい価値をみごとに表現したり。
そんなことばの解説を分かりやすく、また、あえて理屈っぽくもご紹介します。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)

SDGs(エス・ディー・ジーズ)は持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals = SDGs)の略称で、2015年9月の国連サミットで採択された17の目標と169のターゲットからなるアジェンダ(行動計画)です。その成果文章「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(通称:2030アジェンダ)」の柱として、世界共通の17のゴール(目標)、目標ごとの169のターゲットから構成されています。

国連に加盟している193の国・地域が2030年を期限に達成を目指すものです。

貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

飢餓をゼロに
飢餓に終止符を打ち、食材の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する 

質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

安全な水とトイレを世界中に
すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する

働きがいも経済成長も
すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーゼント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

農業と技術革新の基盤をつくろう
強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る

人や国の不平等をなくそう
国内および国家間の格差を是正する

住み続けられるまちづくりを
都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

つくる責任つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

気候変動に具体的な対策を
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

海の豊かさを守ろう
海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

陸の豊かさを守ろう
陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

平和と公正をすべての人に
持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 地球規模での温暖化などの気候変動の加速、経済競争が生み出した貧富の格差、紛争やテロの多発による難民の増加と飢餓、病気の蔓延・・・・・をなくす。

 SDGsはこうした課題を「誰ひとり取り残さない」という理念のもとに決められました。国や大きな組織だけが動くのではなく、私たち一人ひとりが日常生活のなかで実践していくことで美しい地球にしていくという、国連が一人ひとり、個人に直接メッセージを送ったということです。実はそれくらい急を要する課題だということです。

日本でも2018年から企業でSDGsを掲げる動きが盛んになっています。学校でも子どもたちに教え始めました。2019年後半から社会的現象としてさまざまな動きが可視化されるでしょう。

Writer Profile

山口 タカ

大分県佐伯市出身 や組 代表

「オーガニック電話帳」編集・発行人オーガニック、食育の普及をテーマに活動。

人気漫画「美味しんぼ」第101巻“食の安全”をコーディネート。

作中に“有機の水先案内人”として登場。

●オーガニック活動履歴

日本初のオーガニック専門誌「ORgA(オーガ)」(廣済堂出版)を1997年に創刊(〜2000)。

2000年に「オーガニック電話帳」を創刊。現在、改訂第7版。

97年以来、オーガニックの普及をライフワークとして全国の篤農家や食品メーカー、レストランなど日本全国を取材し続け、消費者に向けオーガニック(有機)を広める活動を続けている。

NPO日本オーガニック検査員協会(JOIA)とオーガニックコミュニケーター養成講座テキストを制作。